薬局における「在宅」と「居宅」の違い

薬局における「在宅」と「居宅」の違い
薬局の薬剤師にも、在宅、居宅で大きな違いがでてきます。

在宅でできる薬局のお仕事は、医師の処方せんに基づいて調剤し、薬を届けます。もちろんそれは薬剤師が行います。施設の運用に合わせたお薬のセットや、粉砕・一包化のご提案、お薬についての効果や影響などの説明、体調の確認を行います。

薬剤師がかかわる在宅医療のことを「在宅療養支援薬剤師」といいます。

今までは在宅医療というのは医師や看護師が主となって活躍してきましたが、ここ数年で在宅医療を必要とする患者は莫大に増えてきて、その中で医師や看護師だけではフォローしきれないという部分がでてしました。どうしても薬を使っての在宅医療になることが多く、医師や看護師がいない場面で、薬の副作用が出てしまったり、効果がありすぎてしまったりということが起きてしまっています。
その中で薬について専門的に知識を持ち、在宅医療支援していくのが在宅医療勤務薬剤師になります。

かわって、居宅での薬局の薬剤師のことを「居宅療養管理指導」といいます。

居宅療養管理指導とは、居宅要介護者について、病院、診療所又は薬局の医師、歯科医師、薬剤師その他厚生労働省令で定める者により行われる療養上の管理及び指導であり、厚生労働省令で定めるものをいいます。

薬局薬剤師が行う居宅療養管理指導については、医師又は歯科医師の指示に基づき、薬剤師が薬学的管理指導計画を策定し、提供した居宅療養管理指導の内容について、利用者またはその家族等に対して積極的に文書などにて提出するよう努め、速やかに記録を作成するとともに、医師や歯科医師に報告した上でケアマネージャーに対するケアプランの作成などに必要な情報提供を行います。

在宅医療勤務薬剤師は、在宅医療を行う患者や、その家族が薬に対して不安感を持ったりすることがないようにしますが、居宅療養管理指導では積極的に文書などで提出するようにして、医師や歯科医師、ケアマネージャーに対するケアプランを作成しないといけないので、在宅と居宅で大きな違いがあり、とても大変な仕事だと思います。