浴衣と着物の違い

浴衣と着物の違い
日本には、浴衣と着物が存在します。しかし2つの違いを知っている人は少ないかと思います。

浴衣とは夏に着る薄手の木綿の着物で、主に木綿生地の着物で着物の一種です。着物の形と浴衣の形は同じです。

昔はお風呂上りに着て、夕涼みをし、そのあと浴衣のまま就寝するという庶民の暮らしが続いていました。

昭和30年から40年代までは、浴衣を寝巻きとして着る人は多かったです。同時は白地か紺地のものばかりでしたが、現在では浴衣は夏の遊び着として定着していて、お洒落を競うように装うようになってきましたので、様々な色のものがあります。

それでも素材は木綿が主体で、裏地のない仕立てかたは同じです。

着物は浴衣と同じ形です。
着物は裏地のないものを6月から9月まで着るのが定番でしたが、現在ではもう少し期間が長くなっています。裏地のあるものはその他の期間に着ます。

着物の素材は、木綿、絹、ウール、化学繊維と幅広く、生地の織り方も多種多様です。
着物は同じ形ですが、染め方や織り方でさまざまな用途の着物ができあがります。

皆さんがよくご存知の振袖や、部屋着に近い普段着のものまであるのが着物の特徴です。

浴衣と着物に違いがないように思うかもしれませんが、一番の大きな違いといえば、素肌に着て寝巻きにできるのが浴衣で、そうではないものが着物ということになります。

今は浴衣は外出用に着る人が多いため、素肌に着ることはまずありませんが、寝巻きにしたり、湯上がりに着るのは浴衣だけで、着物では決してそうはしません。

また浴衣には内側に着るものが下着だけ、着物は長じゅばんを必ずきるということが大きな違いといってもいいでしょう。最近では長じゅばんだけではなく、それに類する半じゅばんもあります。

もちろん、浴衣を着るのは暑い季節の夏だけです。お祭りなどで5月から10月まで着るという人もなかにはいます。

着物のほうが生地が厚いのも一つの特徴かもしれません。