「預金」と「貯金」の違い

「預金」と「貯金」の違い
万が一のことを考えると、貯金は欠かせないものです。金融機関にお金を預ける時、「預金」と「貯金」という2つの言い方がありますが、この2つにはどのような違いがあるか知っていますか?実は金融機関によって呼び方が変わるのです。

「預金」というのは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫に預けたお金を指します。これに対し、郵便局などに預けたお金は「貯金」と呼びます。銀行の普通預金に当たるものを通常貯金、定期預金に当たるものは定期貯金となります。

「預金」と「貯金」、これらの誕生は明治時代に入ってからのことでした。明治以前、農民は自給自足の生活を行っており、お金そのものを使う事は滅多に無かったようです。明治8年になり、大蔵省(現財務省)が国家の発展のためにと郵便貯金を始めました。郵便貯金にお金を預けたのは農民が大半だったといわれています。

一方、銀行は明治6年に国立銀行として始まり、100を超える銀行が誕生したといわれています。その後、明治15年には中央銀行として日本銀行が設立され、他の国立銀行は民間の銀行になりました。銀行にお金を預けたのは都市部の商人が多く、資本主義の発展に伴い成長する企業なども、余裕資金を預け入れていました。

また、預金と貯金では万一のときの保険制度も異なります。「預金」と呼んでいる銀行や信用金庫が倒産した際は、“預金保険制度”によって一人当たり一つの金融機関につき、元本1000万円までとその利子が保護されます。

「貯金」と呼んでいるJAバンクなどは、“貯金保険制度”によって預金と同じく一人当たり一つの金融機関につき、元本1000万円までとその利子が保護されます。ゆうちょ銀行は貯金ですが、現在は民営化により“預金保険機構”によって一人当たり元本1000万円までとその利子が保護されています。

このように、もともとの成り立ちや保険制度などに大きな違いがあるために、呼び方も異なっていたようです。