銀行と信用金庫の違い

銀行と信用金庫の違い
よく銀行と信用金庫という言葉を耳にするかとは思いますが、実際違いについてはわからない人が多いかと思います。

実は銀行は融資先が限られていないのに対し、信用金庫は営業エリア内で、かつ、中小企業や地域住民に限られます。

また銀行は株式会社であり、株主の利益が優先され、利益を追求する経営形態となっており、信用金庫は地域住民や企業が利用者・会員となって、互いに地位の繁栄を図る相互扶助を目的とした共同組織の金融機関です。

信用金庫は銀行と違い利益を優先するのではなく、会員や地域社会の利益が優先されます。そのため非営利企業になっています。預かった資金は地域社会の中小企業や商店、個人などに広く融資して地域社会の発展に尽力する組織となっています。

また銀行と信用金庫の違いで、銀行の通帳には税金がかかるのに対し、信用金庫の通帳には税金がかかりません。

さらに銀行のメリットとして、銀行は業務範囲の幅が広く、子会社などもあります。そして連携がしやすく株式会社であることのメリットを利用して経営しています。そして銀行の主な取引先は大企業であることも忘れてはいけません。

信用金庫の会員資格は信用金庫の営業地域に住んでいるか勤務しているかのどちらかになってきます。しかし銀行は個人としても利用することができます。また全国にあることから便利さを求めて利用している人も少なくはありません。

よく地域の名前と信用金庫がついている信用金庫をみかけませんか?その信用金庫はそこに住んでいる地域の人が多く利用しています。

銀行の業務目的は第一に市場経済を支える通貨の発行にあります。そしてお金の貸し手と借り手の間にあっての金融仲介の機能などを行い、通貨の安定的な流通によって経済の発展に寄与することにあるため、信用金庫のように地域の発展に寄与することとは全く異なってきます。

銀行と信用金庫の違いはまず主な取引先という点と、どのような形で寄与するかにもよってきます。また信用金庫のように会員制度によって運営されているのとは別で銀行は誰でも利用できるという点もあるかもしれません。