「重傷」と「重体」の違い

「重傷」と「重体」の違い
重傷とは、命に別状はないが、後に障害が残る可能性があるものを含む程度の怪我を意味します。全治1か月以上。単純な骨折なども、報道では「重傷」と表現される事が多いです。治療すれば大丈夫である状態も指します。

重体とは報道機関や医療機関で使われる用語で、命にかかわるほどの重い病気や負傷のことです。重傷者のうち、脳や内臓に大きな損傷を受けたり、大やけどを負っています。又は病気の状態が非常に重い状態も指します。

違いは、命に別状があるかないかで、重傷より、重体のほうが深刻といえます。また、重体は、重傷者に含まれ、その中で大きな損傷を受け、生命の危機に瀕している場合をいいます。

重傷についてもっと詳しく…重傷とは全治1か月以上の入院治療を必要とするような負傷のことで、警察の発表では、被害者の傷の程度によって「重傷」「中傷」「軽傷」の3段階使い分けられています。治療のみで、入院の必要がないケガを「軽傷」1ヶ月未満の入院なら「中傷」です。

例外的に記者独自の判断の場合もありますが、ほとんどが警察の発表に基づいて新聞、ニュースの報道がなされています。ちなみに全治1か月でも入院治療が必要なければ、「軽傷」です。読み違いの「重症」は、重い病気や重い症状の場合に用いる言葉で、命にかかわる病気の場合に使われます。

重体について詳しく…容体が重い状態で、「重傷」「軽傷」のように傷の大きさに関する言葉ではなく、大ケガ、脳、内臓器官などの損傷、病気などで生命にかかわるほど危ない状態の事です。

重体よりも重いのが、「重篤」、「危篤」市の瀬戸際をさまよっている状態を意味しますが、「確実に死ぬ」と決まったわけではなく、持ち直す者もいます。

意識不明というのは、意識を失った状態が続き、その後に意識が戻るかはっきり分からない状態のことをいいます。意識不明に加え、外部からの刺激に全く反応しない状態を、「昏睡」、一時的に意識を失うけども、その後自然に意識が回復するのは「失神」「気絶」「気を失う」といいます。

危篤>重篤>重体>重症>中傷>軽傷の順に症状が重たい順です。

重傷と重体の違いは、命に別状があるかないかです。