「神父」と「牧師」の違い

「神父」と「牧師」の違い
神父と牧師の違いとは何でしょう?両方とも教会にいる人ではないのでしょうか?

神父と牧師、どちらもキリスト教の聖職者で、一般的に言われる神父(司祭)は、カトリックの、牧師はプロテスタントの聖職者です。

カトリックとプロテスタントとは、キリスト教の教派です。信仰上の大きな違いは、カトリックは使徒継承の位階制度(司教・司祭・助祭)を形成していますが、プロテスタントは位階制度を否定して発生しました。

カトリックや正教の司教は、使徒の継承者という位置づけで、使徒から代々按手によってその職を受け継いできたものです。使徒とは、イエス=キリストによって選ばれた最初の弟子12人の事です。その司教を補佐する聖職者が、司祭(神父)や助祭です。

現在の神父は、通常独身で、婚姻は認められていないという厳格なルールがあり、妻帯の他教派聖職者が転会した場合は、そのまま妻帯のこともあります。初代教会からの伝統もあり、女性の叙階はありません。

プロテスタントの牧師は、その漢字が示すように信者を牧するリーダーですが、使徒からの代々受けついだ聖職という概念はありません。女性の牧師がいる教派も少なくなく、プロテスタントは多様な教派があり、教派により聖職者の位置づけは微妙に異なります。

元々「牧師」という言葉は羊飼いを意味し、キリストが自らをよく「自分は牧者(羊飼い)である」と言っていた言葉が転じてできた言葉です。

そこから自分の立場は他信徒と同じであるという意味合いで「牧師」という言葉が使われています。プロテスタント教会では、生徒の交わりのうちにあって建てられた役務としての牧師であり、伝道師として理解するため、上位聖職者、下位聖職者という理解は適切でないという事です。

牧師とは教会の仕事をやるだけで、あとは他者と変わらないということ、神父は聖職者として他信徒よりも一段高い所にいて信者を統括するなど、その聖職者としての立場や役割は大きく異なるのですね。