「ATM」と「CD」の違い

「ATM」と「CD」の違い
ATMとCDの違いは何でしょうか。

「ATM」とは英語で(cash machine、automated teller machine)と呼びます。日本語では「現金自動預け払い機」と言います。

「CD」とは英語で(Cash Dispenser)と呼びます。日本語では「現金自動支払機」と言います。

ATMは銀行の窓口で行う業務の殆んどを行える機械です。例えば「貯金を降ろす」「振込み作業」「定期預金の申し込み」「繰越」「解約」等、おおよその事は全てATMで行う事が出来ます。

それにたいしてCDは「キャッシュディスペンサー」の略で、現金を払い出す機能しかありません。それと残高照会ぐらいのものです。コンビニに設置されているタイプのものはCD機が多いです。

ATMとCD機の使い分け方としては、クレジットカードでお金を借りたい時にはCD機を利用する。キャッシュカードでお金を預けたり引き出したり、振込みをしたい、又は銀行窓口へは行けない時に、窓口での業務を行いたいときはATMを利用します。

CD機は現在の日本ではデパートやコンビニには必ず設置されています。ですから買い物をする時に重宝するでしょう。ですが、残高は見れても通帳に記帳が出来ません。一つのデメリットと言えるでしょう。

ATMは銀行窓口での業務の殆んどを自分で行う事が出来ます。機能が多いため使用頻度もCD機より高くなります。また振込みを行う際に発生する振込み手数料は、窓口で手続きを行うより安くなります。待ち時間も短縮され非常にメリットが多いです。ですがCD機のように何処でも設置してあるわけではないのがデメリットです。

コンビニではよく「ATM設置店」と書いてありますが、ほとんどが「CD機」なのです。お金の管理が上手な人は、必ず記帳を行います。ですがCD機では記帳が行えないため、CD機でお金を引き出した後は、必ずATMで記帳を行います。

ATMは「銀行窓口業務を自分で行える」CDは「お金を引き出すのみ」とかなり違いがあります。