「転出届」と「転居届」の違い

「転出届」と「転居届」の違い
転出届」の定義は、「今」現在住んでいる市区町村とは、「別」の市区町村に引っ越す事になった場合に、移り住んだ市区町村に提出する「書類」を指します。

「転居届け」の定義は、「今」現在住んでいる市区町村と「同じ」市区町村に引っ越す場合に現在の市区町村に提出する「書類」の事を指します。

二つの語句は類似していますが、全然違う意味を持っています。

「転出届」の届出場所は市区町村の役所や市民センター、行政サービスセンターです。届出期間は引越しをする14日前ぐらいからと定められています。

「転出届」で必要な書類は、役所にある「転出届」。以前住んでいた市区町村の役所で発行された「転出証明書」。運転免許証や、健康保険証などの「届出人の身分証明書」「届出人の印鑑」。国民年金加入者は「国民年金手帳」。国民健康保険加入者は「国民健康保険証」。「住民基本台帳カード(交付している場合)」が必要となります。

その他「在学証明書」「介護保険証」「各種医療証」「高齢受給者証」が必要となる場合があります。届出人は本人または世帯主です。

「転居届」も届出場所は、市区町村の役所や市民センター、行政サービスセンターです。届出期間は「新しい住所に住み始めた日から14日以内」です。転居届で必要な書類は役所に置いてある「転居届」です。

転居届けでは「転出証明書」は関係ありません。提出する書類は「転出届」をする際に必要な書類と概ね変わりありません。届出人も本人、または世帯主という点で一緒です。

「転出届」と「転居届」の違いについてまとめます。現在在住の市区町村内以外に引っ越し、引越し前に届出を行うのが「転出届け」です。現在在住の市区町村内に引っ越し、その後に届出を行うのが「転居届」です。

また「転出届」の場合は引越しをする「14日前に行う事」であり、「転居届」の場合は、引越しをしてから「14日以内に行う事」です。また、転居届は引っ越してからでないと行う事が出来ません。