「伯父(おじ)」と「叔父(おじ)」の違い

「伯父(おじ)」と「叔父(おじ)」の違い
自分の両親の兄弟の事を「おじ」と呼びます。しかしこの「おじ」は漢字では「伯父」と「叔父」の二つがあります。違いは何でしょうか。

「伯父」は自分の父親、又は母親の「兄」の事を指します。「叔父」は自分の父親、又は母親の「弟」の事を指します。

類似した言葉で自分の両親の姉妹の事を「おば」と呼びます。こちらも漢字が違ってきます。「伯母」は自分の父親、又は母親の「姉」の事を指します。「叔母」は自分の父親、又は母親の「妹」の事を指します。

また「伯母」の夫の事を「伯父」と呼び「叔母」の夫の事を「叔父」と呼びます。
他に「小父」も「おじ」と呼びますが、これは血縁関係のない年上の男性の事を指します。

例えると小学生の男の子が、よく遊びに行く玩具屋の男性店長さんを「おじさん」と呼んだ場合、漢字で示すと「小父さん」となります。

なぜこの様に同じ言葉でも漢字が違うのかと言いますと、漢字は中国から伝わってきたものですので、ルーツはそこにあります。中国では年齢や身分による上下関係が日本より遥かに色濃いという特徴があります。それは今も昔も変わりありません。

かつての中国では大家族制が一般的だったので、「儒教」の影響で年功序列が非常に厳しいものでした。その頃は兄弟や姉妹の中で最年長の人を「伯」、二番目を「仲」、三番目を「叔」、最年少を「季」と呼んで区別していました。

その様な歴史的な言葉の使い方により、父親の兄や姉は、父親の弟や妹よりも身分が高いので「伯父」「伯母」と区分けされていたと言われ、後者は身分が低いという意味で「叔父」「叔母」とされていました。

ですが日本での「伯父」と「叔父」は、どちらの身分が高いという意味合いは全くありません。ただ単に漢字が中国から流れてきたものであり、一般的には全て「おじさん」という呼ばれ方の中で「伯父」「叔父」と意識して呼称はしません。

「伯父」は父と母の「兄」で、「叔父」は父と母の「弟」という違いです。