配偶者控除の「103万円」と「130万円」の違い

配偶者控除の103万円と130万円の違い
「配偶者控除」では年収「103万円」と「130万円」の壁があると言われています。

配偶者(夫)の扶養に入っている場合、奥さんがパートタイマーで得た年収が103万円以下である場合は所得税を払わずに済みます。

103万円の内訳は「給与所得控除」が65万円、「基礎控除」が38万円で合計103万円となります。この様な時は法律上全額控除の対象となりますので、所得税を払う必要はありません。

夫の扶養に入りながらパートタイマーなどで働いている人は、収入が103万円を超えた場合は、その分の「所得税」や「住民税」を払わなくてはいけませんが、年収が103万円を超えなければ、問題ありません。

次に「130万円の壁」というのが問題視されます。130万円の壁とは何を指しているのでしょうか。夫の扶養に入りながら、妻の年収が130万円を超えた場合は社会保険料に影響が出る場合があります。

その場合は夫の扶養から外され、社会保険料を自分で負担しなければなりません。また年収が130万以下の場合も正社員の4分の3以上の勤務時間をこなしている場合は、社会保険料を負担しなければならないケースもあります。

例として月額11万円の収入がある場合は年収は132万円となります。簡単に計算すると自己負担となるのは健康保険料が年間6.6万円程度、厚生年金保険料が年間11万円になります。約17.6万円の損失です。

妻の年収が130万円から150万円ぐらいの場合は、夫婦での年収は増えても、税金により手取り額は減少してしまいます。ですから、この年収の幅で働く場合は損をする事に繋がります。出来る事ならもっと多くの年収を得るほうが特ですが、なかなか難しいのが現状です。

また昨今ではこの「103万円」の控除を無くそうという案があります。また「130万円」を超えなくても社会保険料を負担するという制度を取り入れようと言う案もあります。しかし厚生年金加入は企業に負担がかかるので、中小企業からは強い反対をされています。