補助金と助成金の違い

補助金
補助金と助成金は両方とも国や地方自治体からもらえる、後払いの返済不要なお金です。もらえるお金ですので融資を受ける、借金とは異なります。

一般的に助成金のほうが受けられるための条件も資格要件を満たせば受けられ、申請期間(公募期間)も長期にわたっていますが、補助金は補助金を使い事業の必要性を書類で申告必要があったり、事業に使った事を証明する書類の整備が必要とされる、申請期間も1ヶ月など短かったり、助成金に比べて敷居が高いという性格があります。

助成金は、資格要件さえ満たせばほぼ受けられます。補助金は申し込んだ事業所の全部が受けられるとは限らず、数に限りがあります。補助金は、どんな事業に使って、どう社会に役立つ事業なのか、書類を作成して、こんなに必要ですよと猛アピールしなくてはいけません。

他の事業所にその補助金のチケットを譲らぬよう、ちゃんとした事業計画書など書類作成を求められます。

そして、その事業計画や約束を破ると即全額返金となる場合があります。
助成金は制度の見直し、法律の改正により度々資格要件が変わりますので最新の情報のチェックが必要です。

簡単にまとめると、補助金も助成金も国や自治体から無料で支給されますが、補助金は簡単にはもらえないものと、考えた方がいいようです。
両方とも、事業計画で設備などが必要で、それを買った後に支給されるため、先立つものがないと意味がないです。

少し高額医療費の制度に似ていますね。高額医療費も医療費を支払ってから、あとで還付される仕組みです。

しかし、医療にかかるお金の制度は、「限度額」という、予め、負担金上限額が決められる制度があります。
話が少し脱線してしまいましたが、助成金や補助金にはどんなものがあるのでしょうか?

・厚生労働省 キャリアアップ助成金→業内でのキャリアアップ等を促進するもの
・厚生労働省 雇用調整助成金→事業活動を示す生産量や売上高等の指標が、前年同期と比較して直近3か月の月平均が10%以上減少していることが条件

・厚生労働省 キャリア形成促進助成金→中小企業での従業員に対しての職業能力開発を行う時の助成金

・ホームページ作成支援事業補助金→商工団体や中小企業等が、ホームページを新たに作成または変更する場合の費用の1/2(商工団体:上限500,000円、中小企業:上限50,000円)を補助する制度

色んな助成金や補助金が存在するのですね。