森と林の違い

森と林の違い
森とは、樹木が密集して茂っている場所のことを表します。林に比べて大規模で高密度な森林のことを森と呼びます。また日本の農林水産省の定めによれば、人工のものを林、自然のものを森と呼びます。

また森という漢字の意味で、木が茂るさま、立ち並ぶさまという意味を持っています。

かわって林とは、山林など、樹木が密集している場所の比較的小さい地域を表します。

よく「森のほうが木が多い」などという違いを持っているかもしれませんが、実はどれだけ木が多くても人の手の入っているのが林といわれるため、確実に林や森と決めることはできません。

自然に木がはいっていて、その規模が大きいと森といえるのですが、今の日本には森と呼べるところが少なくなってきています。

また国語辞典では、林は広い範囲に木が多数生えたところで、森は大きな木がたくさん茂っていて、薄暗くなっているところと説明されています。

また林は「生やし」というように意味を持ち、木を生やし、またその木の数を豊かにしたものだといわれています。

人工のものなので、生活にも密着していることが林の独特な特徴になります。それに対し森は「盛り」という意味を持っています。

自然に木が盛り上がっているという意味を持ちます。人間の力の及ばない自然の力で、太古においては「神」の力によって木が自然に生え、盛り上がってるように見えるのが森といわれています。

また、東北では山のことを「森」という場合があるため、「?森」「?ノ森」といった名前の山がいくつもあります。

森と林の大きな違いは、森は自然にできあがったもので、人間の手は一切かかっていなく、林は人工によって植えられたものということになります。

木が多いから森だと思っていた人も多いかもしれませんが、実は森と林にはそれぞれの違いがあります。