ウイルスと細菌の違い

ウイルスと細菌の違い
ウイルスと細菌は一見同じようにみえます。確かに感染するという形では一緒です。同じ感染するものと考えてウイルスと細菌は一緒と考えている人が多いです。でもあきらかに特徴が違うのです。

大きく違うのがウイルスは抗生物質が効かないのにたいし細菌は抗生物質が効きます。細菌の中でも抗生物質が効かないものがあります。

でもそれは抗生物質に対する耐性をえただけのことです。もともとは抗生物質が効いているのです。細菌による感染症の多くは抗生物質を投与することで症状が抑えられます。

それにたいしてウイルスは最初から効きめがないのです。それはウイルスには自分の体内に栄養を取り込んで成長や増殖するという機能がないからです。ウイルスは人の細胞に寄生しているため治療が難しく予防のためのワクチンだけが頼りです。

細菌は感染した生物から栄養をもらって自分の力で増殖します。栄養があれば増殖できるので生物以外のものにも感染して腐らせます。

それにたいしてウイルスは生きている細胞にしか感染しません。それはウイルスが自力で増殖することができないからです。

感染した細胞をだましてその力を利用して増殖しているからです。ウイルスの種類によって感染する細胞が違ってきます。人や動物の細胞に感染する種類、植物の細胞に感染する種類、細菌のような単細胞生物に感染する種類があります。

細菌にもいろいろあります。常在細菌といって体の中に住む細菌があるのです。体の中は常在細菌にとって住み心地の良い環境なのです。

常在細菌は人の体に対して害を与えることはありません。病原体の侵入を防いでくれるのです。人とうまく共存しています。

皮膚、口や鼻の中、消化管や泌尿器などに住みついています。特に腸内には乳酸桿菌、ビフィズス菌、大腸菌、腸球菌、ウェルシュ菌など約400~500種類で約100兆個もの腸内細菌がすみついています。

腸内の内容物を分解したりビタミンを産生したり免疫にも関与しているといわれてます。ただ免疫力が弱った人が常在細菌によって感染症を起こす場合もあります。感染症にならないためにも普段から免疫をつけて抵抗力を養うのが大事なのです。