聞くと聴くの違い

聞くと聴くの違い
普段何気に使っている聞くと聴く。言葉は同じでも意味と字は違っています。でもどうやって分けるか分からない人も多いです。

聞くを辞書で引くと音を耳で感じる取ると記載されています。具体例をあげるとうわさを聞く、聞き捨て、聞き流す、聞く耳持たぬ、話し声を聞く、物音を聞く、などがあります。このように普段何気に生活していると自然と耳に入ってくることを聞くと書きます。

聴くを辞書で引くと注意深く耳を傾けると記載されています。具体例をあげると聴聞、傾聴、音楽を聴く、講義を聴く、国民の声を聴くなどがあります。このように自分から注意してきこうとすることを聴くと書きます。

簡単に言うときく態度によって表記が異なってくるのです。聞くというのは普段何気に生活していて勝手に耳に入ってくることをいいます。なので自分からきこうとしているわけではありません。聴くというのは自分から積極的にききにいってることをいいます。

英語で「聞く=hear」「聴く=listen」と書きます。日本語で考えるとややこしいと思った人は英語で考えてみるといいのです。hear=自然と耳に入ってきた音を聞くlisten=自分から音に注目して聴くという風に上手く使い分けています。言葉が違ってくるだけで理解しやすくなるものなのです。

ほとんどの人は聞くという文字を思い浮かべるものです。聴くという文字が使われることが少ないというのは事実です。基本的に耳に入ってきた音をきくという意味では一緒だからです。なのでテレビなどではどちらか分からない時は聞く(またはきくというひらがな)と表記されることがよくあります。

他にも訊くと書くときもありますがあまり使われません。尋ねたり問うという意味です。そのような意味から雑誌などで道を訊く、都合を訊くなど表記されている場合があります。訊問などという言葉もあります。警察や裁判所などで問いつめて尋ねるということでよく使います。ちなみに英語で訊く=askと書きます。
使われるのが多い順としては聞く>聴く>訊くの順番です。