軽油とガソリンの違い

軽油とガソリンの違い
ガソリンスタンドにはレギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油の3つの表示があります。ほとんどの人は違いが分からずにいます。確かに全部元は同じ石油です。

簡単に言うと蒸留時の採取温度に違いがあります。ガソリンは石油を熱していった際30℃~230℃の間で発生する蒸気を採取して作られています。軽油は140℃~380℃で発生する蒸気から採取されています。

つまりより低い温度で蒸発するのがガソリンなのです。だから常温常圧でもよく燃えます。

軽油はより高温高圧の場合によく燃えます。なので低温に弱いといわれています。季節ごとに販売される軽油の成分は微妙に替えられています。

冬は凍りにくく夏は暑くなりすぎないように調節されているのです。

ガソリンエンジンの燃料はガソリンです。ディーゼルエンジンの燃料は軽油です。同じガソリンだからといってガソリンエンジンに軽油をいれたりディーゼルエンジンにガソリンをいれたりしてはいけません。

製法も特性も違うので故障の原因になります。軽油の名前は重油に対してつけられたものなので「軽自動車用の燃料」という意味ではありません。間違えていれてしまう人もいるのです。

ガソリン車に軽油をいれるとノッキングと黒煙が激しくなって力も落ちていって最終的にはエンジンが停止してしまいます。

早めに気づいてエンジンを停止していればプラグのみの交換ですみますが重症だとヘッドを分解してでの抜き取りと洗浄が必要となります。

軽油車にガソリンをいえれるとノッキングと白煙が激しくなって力も落ちていって最終的にはエンジンが停止してしまいます。

潤滑不足により燃料ポンプと噴射ノズルが破損したり酷い時はヘッドに日々がはいったりするので大変高額な修理費用がかかることになります。

車を乗っている人にとっては重要なことです。価格も日によって変わってきます。住んでいる地方によって変わってきます。

もちろん円高や石油を輸入している国の情勢も関係ありますが、大まかに言うと卸売価格で価格が変動してきます。高くなったり安くなったりするのは仕方のないことなのです。