寺と神社の違い

寺 神社 違い
お寺は、お墓があり、神社には鳥居があるというのが一番わかりやすい違いで浸透しています。もっと細かく難しく説明すると、仏僧像を安置し、仏教の教えを説く僧侶が住むところがお寺で、日本の神様の御魂を祀るところが神社です。

お寺は、中国・インドといった外国から伝わった仏教です。仏様を祀り、仏像をすえ、僧が仏法をおさめる為に存在しています。

お寺には、僧侶、尼さん、住職などがいて、御本尊として仏様が安置されています。お寺は、院、庵、坊、寺院などの数々の呼び名がありますが、意味はどれも一緒です。

神社では参拝時にご神体を拝み見ることができませんが、寺院ではご本尊を拝み見てお祈りを捧げることができます。

ご本尊は、金堂に安置されていて、お祈りを捧げる礼堂と同じ建物内に一体化して存在しているため、神社よりもご本尊(仏様)をより近く感じることができます。

諸外国の仏教には、葬儀、法要、檀家、戒名がなく、外国の仏教は、哲理であり、宗教ではないので、外国を起源とするお寺(仏教)の考え方が日本に伝わり、独特の宗教に存在価値が変わっていきました。
 
神社の起源は、磐座(いわくら)や神の住む場所とされる、禁足地などで行われた祝事典で臨時に建てた神籬(ひもろぎ)などの祭壇が起源と言われていて、元々常設された建物ではないです。

元来は、沖縄の御嶽(うたき)のようなものだったと考えられています。神社は神道に属しており、日本の神様が祀られています。

伊勢神宮や、明治神宮といった「神宮」の称号がついた建物は、数ある神社の野中でも特別格式高い神社です。

大社、神宮、神社はいずれも人道に属していて、これら以外の呼称を付けられた神社の大半が祀られている神様の名前を元にして名付けられました。

神道には、大勢の神様がおりますので、様々な名前で呼ばれます。特に大規模な神社は、神宮や大社と呼ばれます。簡単にまとめますと、お寺は仏教で仏像を拝む、神社は日本の神様を拝む、という明確な違いがあります。