出向と派遣の違い

出向 派遣 違い
出向と派遣はどちらも出向先や派遣会社の指揮命令に従って就業することから、非常によく似た就業形態です。両者の決定的違いは、「労働契約関係」の有無にあります。

「出向」とは、出向元との労働契約関係を維持したまま、出向先との間に労働契約関係を生じさせ、労働契約の一部が移転し、指揮命令権も出向先に移転する就業形態をいいます。

「派遣」とは労働者派遣の場合、労働契約関係は派遣元との間にありますが、指揮命令権が派遣先に移転する就業形態のことを言います。

難しい言葉が並びましたが、出向と派遣の違いは、派遣先(出向元)に労働契約および、指揮命令関係があるかないか、の違いです。

出向の場合には、労働契約及び、指揮命令関係が出向先にあるのに対し、
派遣の場合には労働契約は派遣「元」、指揮命令関係は派遣「先」にあります。

出向と派遣の違いは、他にも、時間外労働(残業)については、出向と派遣で大きな違いがあります。

出向の場合、出向労働者は、基本的に出向元の従業員として、他の従業員と区別なく扱われます。労働基準法が定める時間外労働をさせるための「36協定」は、出向先の事業場で締結される協定が出向労働者にも適用されます。

出向労働者は、周囲の出向先の労働者と同様な条件でしか時間外労働をすることができません。時間外手当(割増賃金)も、出向先が支払うことになります。

ただし、出向元での有利な手当を出向先でも支払うことになっているなどの特約があれば、差額を出向元か出向先が負担することになります。

これに対して、派遣の場合には、派遣先の従業員とはまったく区別された扱いになります。派遣先で仕事が集中して残業が必要であるとき、派遣労働者については36協定は派遣元事業場で締結されることになっています。

もし、36協定が派遣元で締結されていなければ、派遣先は派遣労働者に時間外労働を命じることはできません。

逆に、派遣先では36協定が締結されていないときには、派遣先の従業員は時間外労働をしませんが、派遣労働者の派遣元で36協定が締結されていて、労働者派遣契約・就業条件明示書・派遣元就業規則などで時間外労働が予定されていれば、派遣労働者だけが時間外労働をすることも生じることになります。

簡潔にまとめると、出向は、出向先の会社に合わせる、派遣は、派遣元が定めた契約で働くということです。