名前でのRとLの違い

名前でのRとLの違い
名前でのRとLの違いがないのは日本だけです。
そのため、日本人には基本名前を英語表記するさいは必ずローマ字表記で書かなければならないという、規定があります。

そのため、海外に出る時に発行する際のビザでも自分の名前がもしりさなどである場合
「Risa」として表記しないと認めてもらえないことがあります。
そして、日本人はRとLの発音がとても下手で難しいため全て統一にすれば間違える事もなく、このようにしました。

りさという名を日本で発音するとRisaが日本語になればリサになります。
ですが、外国ではRisaとLisaでは意味がまったく違ってきてLisaの場合「リィサ」になってくるため、区別がとても難しいです。

この両方の呼び方の正しい発音はないため説明が難しいですが感覚的にはRを発音する場合、下をこするようにすると「リサ」という発音になります。

そして、Lを発音する場合ラ行ではなく舌を巻く感じで「リィサ」という発音になってくるので日本はこの違いをするのが難しいため、基本的には名前を英語で書く場合ローマ字のRを使用するようになっています。

RとLの発音の違いにこだわったり無理矢理巻き舌を使ってネイティブもどきやそういった気持ちで発音されて逆に気持ち悪い発音になったり、気取ったりすると聞こえにくく理解できない場合があるため、堂々と下手でもいいので発音すると伝わったりします。

RとLの名前を言う時にとても大切な事は、発音より本来の意味であるアクセントを正しく知る事が大切で日本人の英語はなまりがあり強調する部分を間違えて発音するためRやLといった発音の流れが悪く通じない事が多いため、全て日本ではR表記をするようになったのかもしれません。

だからといって聞き分けが出来るようにと、只管RとLの発音練習をしているより話せる会話や言葉を一言でも覚えた方がとても役に立ちそんな中でRとLの正しい発音を覚える事が近道になります。