名前の「=」と「・」の違い

名前の「=」と「・」の違い
外国でよく使われる記号の一つで=と・があり、この違いは区切り点になります。
=やーは、場合によってはこれだけで名前になったりする事もあったりします。

理由は、複数の名前を組み合わせて一つの名前にしている場合に用いたりするからで
日本では名前、姓になりますが海外では反対で、姓で名前になるため
「ジョン=ジャック」という名前でしたら「ジョンジャック」が名前になり後が姓になってきます。

そのため、言語ハイフンを=に置き換えたりして使っています。
そして・の違いですが、これは名前から姓になる時に用いられこの・がつくと姓になったり、結婚した事でダブルネームになったりする場合があります。

例えば上の名前にすると「ジョン=ジャック・ニックル」という名前の人がいたとしてこの人の名前は「ジョンジャック」になり、姓が「ニックル」になります。
そのため、それぞれの名前の意味合いなどによって呼び方や名前などが変わってきます。

ただし西洋人名では姓がいくつかの単語からなっていてもハイフンで繋がれていない事もあり、ブラジルなどでもまた違ってきて例えば、マリノ・ゴメス・ジ・オリヴェイラという女性がいたとして、この人の場合マリンが名前になり、ゴメス・ジ・オリヴェイラが姓になったりと、その国などによって名前の読み方が違ってきます。

日本の場合は、結婚すると戸籍上夫の姓になったとしても場合によってはダブルネームを使ったりしますが、その時にはハイフンなどを使ったりせず、例えば花子さんが田中という姓の男性と結婚した場合当然「田中 花子」になりますが元々の姓を書く時もあるので「元々の姓(田中)花子」と表記されたりします。

この例は日本独特で、当然海外ではこういう風に書かれたりしません。

名前だけに限らず日本人はイコール記号をよく使用しますが海外では使用する事はなく、ただ日本に在住している外国人なら使用したりする事があります。